FC2ブログ

 


社会新報で書評が出ました

本の評判といえば「書評」です。
社会新報という新聞で、「デモってラブレター!?」が紹介されました!
「楽しい」と表現されちゃうなんて大変嬉しいですね。

sinpo.jpg


(原告団・いのうえしんぢ)

スポンサーサイト



「救援」に書評が載りました

救援連絡センター発行の「救援」に「デモってラブレター!?」の書評を書いて
いただきました。書かれたのは大山千恵子さん。

20190909kyuen.jpg


書評、ありがたいですね。日本の政治状況を見ていると、間違っていること
不正なことが多すぎて頭がクラクラしますが、この状況を覆すにも
「おかしいことはおかしい!」と言っていきたいですね。
その際には、この本をちょっぴり眺めていただけたら嬉しいです…。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「デモってラブレター!?
~福岡サウンドデモ本人訴訟顛末記~」


監修:小倉利丸(評論家、富山大学名誉教授、アクティヴィスト)
編集:福岡サウンドデモ裁判原告団
[筒井修、木村京子、野田鶴子、脇義重、古瀬かなこ、いのうえしんぢ]
出版:樹花舎(きのはなしゃ)
販売:星雲社
仕様:A5 判、並製本、184 ページ
定価:1200 円 + 税

2011年5月、福岡で行われた脱原発デモに、警察の妨害があった。
届けを出していたにもかかわらず、警察はデモ隊を公園から出 さなかったのだ。
何もしないでいたら、これから自由にデモもできなくなる― 、
そう気づいたときに選んだのは「裁判」という手法。
しかも、弁護 士を付けない「本人訴訟」だった。
国家権力を相手にケンカ。勝てる保証なんてない。
だけど、そのままやり過ごすことだけはしたくなかった。
数々の表現活動を織り交ぜながら、表現の自由を求めた手法や、
九州の「本人訴訟」の実例も収録。4 年間の裁判の向こうに見えたものは?
「もう黙っているなんてできない」あなたに送る1 冊。

お求めの方は、送料180円(1冊の場合。2冊以上は要相談)で原告団から郵送させていただきます。
マル秘ポストカードのオマケ付き!
ご注文先:

福岡地区合同労組事務所 Tel&Fax:092-651-4816
いのうえしんぢ sirokuma(アットマーク)chime.ocn.ne.jp

お名前、本の郵送先など記載してメールください。

▼本代のお振込先
 郵便振替 01770−7-143486
 加入者名 福岡サウンドデモ裁判原告団

通信欄に「本代」とお書きください。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

↓2015年1月の地方裁判所の判決文はコチラ。
地裁判決文

↓2015年8月の高等裁判所の判決文はコチラ。
高裁判決文

9/3@テラカフェでのトークイベント報告

931.jpg

テラカフェでのトークイベント、終わりました。
天神のど真ん中にあるお寺で毎週(!)火曜日に開催されているterra-café-kenpou(テラカフェ・ケンポウ)、
以前2015年あたりにもお話させてもらいましたが、今回出版したタイミングで再びお邪魔しました。
公民館の感じもする和風の部屋にみっちり多くの人が集まってもらいました。
この場所って、福岡ではアクティブに市民運動もやている有名なG弁護士が中心になって憲法を語る場所。
つまり、プロの法律家の前で、シロウトが裁判の話をするわけです。「偉そうに、シロウトが喋ってスイマセン〜」
みたいな言葉を何度も挟みつつやりました。
90分のお話に、割と突っ込んだ質問も出ました。いつも活動を見てくれてる方からお手紙をもらったり。
反応があるのは嬉しいものです。

932.jpg
↑本買ってちょ〜


この後、出版記念トークイベントは、残り1回。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼出版記念トークショー第3弾▼▼▼▼▼▼▼▼▼

〔日 時〕2019年9月12日(木)
     18:30スタート(18:00開場)
〔会 場〕エスパスビブリオ
    (東京都千代田区神田駿河台1-7-10 B1F)
     JR総武線・中央線御茶ノ水駅徒歩6分
〔出 演〕小倉利丸、いのうえしんぢ、古瀬かなこ
〔参加費〕2000円(要予約)
※終演後に懇親会あり・500円ワンドリンク付き
〔予約先〕メール info@espacebiblio.superstudio.co.jp
     電話  03-6821-5703

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲



「デモってラブレター!?
~福岡サウンドデモ本人訴訟顛末記~」


監修:小倉利丸(評論家、富山大学名誉教授、アクティヴィスト)
編集:福岡サウンドデモ裁判原告団
[筒井修、木村京子、野田鶴子、脇義重、古瀬かなこ、いのうえしんぢ]
出版:樹花舎(きのはなしゃ)
販売:星雲社
仕様:A5 判、並製本、184 ページ
定価:1200 円 + 税

2011年5月、福岡で行われた脱原発デモに、警察の妨害があった。
届けを出していたにもかかわらず、警察はデモ隊を公園から出 さなかったのだ。
何もしないでいたら、これから自由にデモもできなくなる― 、
そう気づいたときに選んだのは「裁判」という手法。
しかも、弁護 士を付けない「本人訴訟」だった。
国家権力を相手にケンカ。勝てる保証なんてない。
だけど、そのままやり過ごすことだけはしたくなかった。
数々の表現活動を織り交ぜながら、表現の自由を求めた手法や、
九州の「本人訴訟」の実例も収録。4 年間の裁判の向こうに見えたものは?
「もう黙っているなんてできない」あなたに送る1 冊。

お求めの方は、送料180円(1冊の場合。2冊以上は要相談)で原告団から郵送させていただきます。
マル秘ポストカードのオマケ付き!
ご注文先:

福岡地区合同労組事務所 Tel&Fax:092-651-4816
いのうえしんぢ sirokuma(アットマーク)chime.ocn.ne.jp

お名前、本の郵送先など記載してメールください。

▼本代のお振込先
 郵便振替 01770−7-143486
 加入者名 福岡サウンドデモ裁判原告団

通信欄に「本代」とお書きください。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

↓2015年1月の地方裁判所の判決文はコチラ。
地裁判決文

↓2015年8月の高等裁判所の判決文はコチラ。
高裁判決文

8月23(金)ブックスキューブリックでのトークイベント

8231.jpg

8232.jpg

8月23(金)ブックスキューブリック箱崎店でのトークイベント終了
しました。予想以上の参加者に来てもらい、更には知らない方々も
たくさんいらしてビックリ。遠くは近畿地方から、お隣の佐賀県からも、
とわざわざ来ていただいて嬉しかったです。

本の章に添いながら内容を紹介しました。
そもそも、この本を作るにあたっては、単に裁判報告をするだけでなく、
「これっておかしいんじゃない?」と思ったら、いろんなスタイルや
方法で自分たちの声をあげるためのヒントになれば…ということを
みなさんにお伝えしたい気持ちもあって、本という形にした部分も
ありました。ですので、そのいくつかのパフォーマンスなどの事例を
紹介しました。

この日のイベントの模様を簡潔な文章で毎日新聞の杣谷記者から書い
ていただきました。こんな短い文章骨となる大事な部分をまとめるの
ってスゴイですね。

20190827mainichi2.jpg


さて、この出版記念トークもあとふたつ続きます。
もしお時間あえば、どうぞご参加ください!
              (いのうえしんぢ)

▼▼▼▼▼▼▼▼▼出版記念トークショー第2弾▼▼▼▼▼▼▼▼▼

〔日 時〕2019年9月3日(火)
     19:00スタート
〔会 場〕光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3-15-12)
〔主 催〕terra cafe kenpou
〔参加費〕無料

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

▼▼▼▼▼▼▼▼▼出版記念トークショー第3弾▼▼▼▼▼▼▼▼▼

〔日 時〕2019年9月12日(木)
     18:30スタート(18:00開場)
〔会 場〕エスパスビブリオ
    (東京都千代田区神田駿河台1-7-10 B1F)
     JR総武線・中央線御茶ノ水駅徒歩6分
〔出 演〕小倉利丸、いのうえしんぢ、古瀬かなこ
〔参加費〕2000円(要予約)
※終演後に懇親会あり・500円ワンドリンク付き
〔予約先〕メール info@espacebiblio.superstudio.co.jp
     電話  03-6821-5703

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

IMG_3810.jpg

SDcover.jpg


「デモってラブレター!?
~福岡サウンドデモ本人訴訟顛末記~」


監修:小倉利丸(評論家、富山大学名誉教授、アクティヴィスト)
編集:福岡サウンドデモ裁判原告団
[筒井修、木村京子、野田鶴子、脇義重、古瀬かなこ、いのうえしんぢ]
出版:樹花舎(きのはなしゃ)
販売:星雲社
仕様:A5 判、並製本、184 ページ
定価:1200 円 + 税

2011年5月、福岡で行われた脱原発デモに、警察の妨害があった。
届けを出していたにもかかわらず、警察はデモ隊を公園から出 さなかったのだ。
何もしないでいたら、これから自由にデモもできなくなる― 、
そう気づいたときに選んだのは「裁判」という手法。
しかも、弁護 士を付けない「本人訴訟」だった。
国家権力を相手にケンカ。勝てる保証なんてない。
だけど、そのままやり過ごすことだけはしたくなかった。
数々の表現活動を織り交ぜながら、表現の自由を求めた手法や、
九州の「本人訴訟」の実例も収録。4 年間の裁判の向こうに見えたものは?
「もう黙っているなんてできない」あなたに送る1 冊。


お求めの方は、送料180円(1冊の場合。2冊以上は要相談)で原告団から郵送させていただきます。
マル秘ポストカードのオマケ付き!
ご注文先:

福岡地区合同労組事務所 Tel&Fax:092-651-4816
いのうえしんぢ sirokuma(アットマーク)chime.ocn.ne.jp


お名前、本の郵送先など記載してメールください。

▼本代のお振込先
 郵便振替 01770−7-143486
 加入者名 福岡サウンドデモ裁判原告団

通信欄に「本代」とお書きください。

出版しました「デモってラブレター!? ~福岡サウンドデモ本人訴訟顛末記」

2015年に確定した裁判から、4年という長い年月がかかってしまいましたが…
やっと本という形になりました。
裁判だけでなく、いろいろな表現方法などの事例なども掲載したりだとか
頑張って作ったので、ぜひ手にとっていただけたら嬉しいです〜。

SDcover.jpg


「デモってラブレター!?
~福岡サウンドデモ本人訴訟顛末記~」


監修:小倉利丸(評論家、富山大学名誉教授、アクティヴィスト)
編集:福岡サウンドデモ裁判原告団
[筒井修、木村京子、野田鶴子、脇義重、古瀬かなこ、いのうえしんぢ]
出版:樹花舎(きのはなしゃ)
販売:星雲社
仕様:A5 判、並製本、184 ページ
定価:1200 円 + 税

2011年5月、福岡で行われた脱原発デモに、警察の妨害があった。
届けを出していたにもかかわらず、警察はデモ隊を公園から出 さなかったのだ。
何もしないでいたら、これから自由にデモもできなくなる― 、
そう気づいたときに選んだのは「裁判」という手法。
しかも、弁護 士を付けない「本人訴訟」だった。
国家権力を相手にケンカ。勝てる保証なんてない。
だけど、そのままやり過ごすことだけはしたくなかった。
数々の表現活動を織り交ぜながら、表現の自由を求めた手法や、
九州の「本人訴訟」の実例も収録。4 年間の裁判の向こうに見えたものは?
「もう黙っているなんてできない」あなたに送る1 冊。


お求めの方は、送料180円(1冊の場合。2冊以上は要相談)で原告団から郵送させていただきます。
マル秘ポストカードのオマケ付き!
ご注文先:

福岡地区合同労組事務所 Tel&Fax:092-651-4816
いのうえしんぢ sirokuma(アットマーク)chime.ocn.ne.jp


お名前、本の郵送先など記載してメールください。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼出版記念トークショー第1弾▼▼▼▼▼▼▼▼▼

〔日 時〕2019年8月23日(金)
     19:00スタート(18:00開場)
〔会 場〕カフェ&ギャラリー・キューブリック
    (福岡市東区箱崎1-5-14・
     ブックスキューブリック箱崎店2F・
     JR箱崎駅西口より博多駅方面に徒歩2分)
〔出 演〕いのうえしんぢ、古瀬かなこ
〔参加費〕1500円(1ドリンク付・要予約)
※終演後にサイン会、懇親会あり
※申し込みはキュブーブリックHPへ
bookskubrick.jp/event/8-23

▼▼▼▼▼▼▼▼▼出版記念トークショー第2弾▼▼▼▼▼▼▼▼▼

〔日 時〕2019年9月3日(火)
     19:00スタート
〔会 場〕光円寺門徒会館(福岡市中央区天神3-15-12)
〔主 催〕terra cafe kenpou
〔参加費〕無料

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

▼▼▼▼▼▼▼▼▼出版記念トークショー第3弾▼▼▼▼▼▼▼▼▼

〔日 時〕2019年9月12日(木)
     18:30スタート(18:00開場)
〔会 場〕エスパスビブリオ
    (東京都千代田区神田駿河台1-7-10 B1F)
     JR総武線・中央線御茶ノ水駅徒歩6分
〔出 演〕小倉利丸、いのうえしんぢ、古瀬かなこ
〔参加費〕2000円(要予約)
※終演後に懇親会あり・500円ワンドリンク付き
〔予約先〕メール info@espacebiblio.superstudio.co.jp
     電話  03-6821-5703

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

IMG_3810.jpg


▼本の出張販売

2019年8月15日(木)「8.15 平和を建設する集い」@福岡キリスト教会館(済)

2019年8月24日(木)「あの日のオルガン」上映会@早良市民センターホール


プロフィール

sounddemofukuoka

Author:sounddemofukuoka
FC2ブログへようこそ!

 
検索フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR